サイトメニュー

埋もれ毛(埋没毛)って? 

埋もれ毛(埋没毛)は脱毛ができるのか? 埋もれ毛(埋没毛)を防ぐには? 脱毛中に埋もれ毛(埋没毛)になってしまった時の対処法 埋もれ毛(埋没毛)の脱毛結果は? 脱毛よりも効果的な処理の方法は? 脱毛サロンと医療クリニックはどっちがいい? 埋もれ毛(埋没毛)の疑問 まとめ

 

埋もれ毛(埋没毛)って?

そもそも(埋もれ毛)埋没毛というのはどういうものか知っていますか?

 

毛を無理やり抜いたりしたあと、毛穴がふさがってしまうことで新しく生えてくる毛が肌の表面に出てこられなくなることで、皮膚の中で毛が成長する事になる状態の事を言います。

 

この状態にしておくと、皮膚を傷つけてしまうだけではなく、傷ついた箇所からばい菌などが入ってきて、炎症を引き起こすこともあります。さらに埋没毛は簡単に治すことができない少し厄介な状態ですが、そんな埋没毛でも脱毛はできるのか?それをまとめてみました。

 

埋没毛は脱毛ができるのか?


結論から言うと、埋没毛の状態でも脱毛サロン、医療クリニックどちらでも脱毛することはできます!!

 

ただし、できるとは言っても、基準は施術するスタッフさんや脱毛サロン等にもよりますが、基本的には毛が濃すぎず、広範囲に広がってない埋没毛なら脱毛する事が可能であるということです。さらに脱毛をすることで毛根がダメージを受ける事になるので皮膚の下の毛自体も薄くできて埋没毛に対しては効果が高いんです。

脱毛する事ができない埋没毛の状態

では、逆に施術できない埋没毛とはどういうものなのかですが、これはあまりにも濃い埋没毛に対しては施術を受けさせてもらえないということです。

 

埋没毛が原因で毛穴が炎症を起こしてしまってる状態や埋没毛がくっきりと黒く見えてしまってるような状態の事で、この状態になってしまうと、脱毛サロンでも断られてしまうんです。

 

埋もれ毛(埋没毛)を防ぐには?

埋没毛を増やさない為に事前に防げる方法があります。埋没毛は毛抜きとかで無理に引き抜いたことで起こるって書きましたが、実はカミソリも埋没毛になる危険性がないわけではないんです。でも、脱毛サロンの通ってると事前に処理するように言われますよね。そんな時に毛抜きもカミソリもダメってなるとどうすればいいのかわかりません。

 

そこで私がおすすめするのは電動シェーバーです。電動シェーバーは作られてる構造上刃が直接肌にあたらないようにできています。その為肌に直接負担がかかることはないんです。

 

自己処理の方法は簡単で、まずは保湿クリームを塗ってください。そしたら毛の生えてる流れにそって電動シェーバーを当てて剃ります。剃り終わったらもう一度しっかり保湿すれば完了です。

 

たったこれだけで埋没毛はある程度予防する事ができるんです。

 

脱毛中に埋もれ毛(埋没毛)になってしまった時の対処法


埋没毛は無理にほじって出そうとしてはいけません。

 

一番いいのは、まずはそのままにして無理に引っ張り出そうとしない事です。そして、しっかり保湿してその箇所を保護してください。肌が悪い状態だと乾燥してしまってるので外に出たくても出られないような状態になってしまってます。

 

その後は肌がターンオーバーしてかさぶたが剥がれるのを待ってください。かさぶたが開くことによって毛穴が開くことになるので、そうなると埋没毛が外に出てこられるようになります。あとは毛の成長によって自然と抜けて落ちます。

 

ただ、あくまでこれは普通の埋没毛の場合で、毛嚢炎になってしまってる場合はまた別です。毛嚢炎というのは毛穴の中に雑菌が入ることで炎症をおこしてしまう症状の事です。これは埋没毛がある人がなりやすい症状です。もし埋没毛になってる箇所がニキビのように赤く炎症したようになってたらそれは毛嚢炎になっています。オロナインのような軟膏を塗ると治まることが多いので試してみて下さい。

 

埋もれ毛(埋没毛)の脱毛結果は?


埋没毛は脱毛サロンや医療クリニックでの処理が効果的です。

 

実際埋没毛がキレイに取れたって人は多いのでちゃんと効果はあるという事ですね。ただ、他のムダ毛と違い、皮膚の下にある毛なので脱毛しても皮膚から出てくる事はありません。脱毛しながら埋没毛を無くすには通常よりも施術回数を多くやる必要があります。

埋もれ毛(埋没毛)を脱毛施術した後は?

埋没毛の施術をしてもすぐに改善されるわけではありません。そもそも皮膚に閉じ込められてた毛なのですぐにはなくなりません。

 

普通のムダ毛は脱毛施術を受けてから2週間ほど経つと、抜け落ちてきますが、埋没毛の場合は毛根の部分はすでに切り離されてるような状態なので抜け落ちる為の準備はすでにできています。ただ、皮膚の表面が塞がってしまってる為に落ちてこない状態になってしまってます。

 

しかし、肌がターンオーバーして、かさぶたが取れれば自然に出てきて取れるので、もし脱毛の施術を受けた後であっても無理に出そうとせずに、時間が経って勝手に取れるまではそのままにしておきましょう。

脱毛すると埋没毛は予防ができる

埋没毛のほぼ99%は自己処理が原因です。しかし、脱毛サロンや医療クリニックで脱毛をすると、自己処理がいらなくなるので根本的に埋没毛の予防をすることができるんです。

 

埋没毛の脱毛は普通の脱毛よりも回数はかかりますが、その分新しく埋没毛になる心配はありません。

 

脱毛よりも効果的な処理の方法は?


埋没毛の原因はほぼ自己処理が原因なので、脱毛サロンでしっかり処理してもらうのが一番だと思います。

 

脱毛以外の方法にはピーリング剤、スクラブ、家庭用脱毛器なんかが上がりますが、どれも自己処理になるので時間がかなりかかります。その中でも家庭用脱毛器は一見すると良さそうにも見えますが、脱毛サロンで使用されてる業務用脱毛器よりも出力が低いので効果が表れるのに時間がかかりますし、出力をあげて肌トラブルになってしまっては元も子もありません。最悪埋没毛を悪化させてしまうかもしれません。

 

効果や時間を考えると脱毛サロンや医療クリニックでしっかり処理する方が安全だと思います。

 

脱毛サロンと医療クリニックはどちらがいい?


最初の方にも書きましたが、脱毛サロン、医療クリニックのどちらを利用しても埋没毛はキレイに処理する事ができます。どちらにも利点があるのでどちらがいいかは言えません。

 

その人の肌に合った方を選ぶのが一番ですが、それでは少しわかりにくいと思うので以下を参考にしてみてください。

・脱毛サロン
ある程度時間はかかるが痛みがなく、安い脱毛をしたい

 

・医療クリニック
時間は早く終わり、回数も少ない回数で安全に処理をしたい

 

埋もれ毛(埋没毛)の疑問

埋もれ毛(埋没毛)って放置しても問題ない?

無理に抜こうとするならばむしろそのまま放置しておいた方がいいですが、放置し過ぎると炎症を起こしてしまい、最悪毛嚢炎になることもあるので、あまり放置しない事が大事です。

 

肌のターンオーバーと一緒に角質が取れて出てくることもありますが、出てこないこともあるのでまずは角質を柔らかくする保湿クリーム等を塗って出てくるのをまってみてください。

埋もれ毛(埋没毛)とニキビの関係は?

埋もれ毛とニキビは実は関係があるんです。

 

埋もれ毛が伸びる事で毛穴を圧迫し、炎症を起こしてしまったのがニキビなんです。普段見えるような箇所にできてしまったりするのは気になりますが、あまりいじらず、薬を塗って様子を見てみるといいと思います。

埋もれ毛(埋没毛)がある場所がかゆくなったり痛くなったりするのはなんで?

かゆみや痛みが出る理由は大きく分けると2つあります。

 

1.埋もれ毛の箇所の毛穴が開いている時、菌が入ってしまって炎症を起こしてしまうから

 

2.埋もれ毛が肌を刺して刺激してるから。

 

悪化すると毛嚢炎になることもあるので気を付けて下さい。

毛抜きやカミソリで剃ると埋もれ毛(埋没毛)になるっていうけど、家庭用脱毛器はなる可能性があるの?

家庭用脱毛器が原因で埋もれ毛になることはありません。ただ、保湿ケアを怠るとなる可能性はあります。

 

家庭用脱毛器に限った話はないですが、そもそもどの処理方法をしても保湿ケアと冷却は怠らないことが大事です。

 

まとめ


埋もれ毛は自己処理をし続けるといくら処理してもまたいつかできてしまうことが多いです。そうならないようにする為には早めに脱毛サロンでしっかり説明を受けた上で処理をした方が良いと思います。

 

もし自己処理をするならば、毛抜きやカミソリで処理をするのではなく、電動シェーバーなどの肌を傷つけないようなものを使用して丁寧に処理をすることをお勧めします。脱毛サロンに通っても脱毛前には必ず自己処理をするように言われるので、その時の為に正しい処理方法を知っておくのは良いことだと思います。