サイトメニュー

子宮への影響について 脱毛サロンの光脱毛は子宮への影響はないの? 妊娠中の脱毛がダメな理由 産後いつから脱毛を再開できるの? 授乳中に脱毛ができない理由 妊活中は脱毛できるの? 子宮筋腫が合っても脱毛を受けることはできるの? まとめ

 

子宮への影響について

脱毛サロンの光脱毛は子宮に影響するのでしょうか?とくに、妊娠中の方だと気になりますよね?

 

光脱毛もレーザー脱毛もその方法は特殊な光の波長を体毛に与える事で体毛の中に熱を発生させ、その熱で毛母細胞を破壊するといった方法を使用します。ある意味ではちょっと物騒に感じますよね。

 

光脱毛は、子宮に影響を与えるのか又は、胎児への影響はあるのか等について書いていこうと思います。

 

脱毛サロンの光脱毛は子宮への影響はないの?


まず、そもそも光脱毛は毛のメラニン色素に反応する事で、ムダ毛を処理していきます。その光脱毛の光線は可視光線なんです。そしてこの可視光線は皮膚の表面から数ミリ程度までしか届きません。その為肌に直接照射しても毛穴の奥にある毛乳頭を破壊しますが、毛穴はあくまで肌の延長上にある溝の事なので臓器まで届くことはありません。

 

もちろんこれはVIOなどのデリケートゾーンに光を照射して脱毛をしても影響はないので安心してください。光脱毛で使用されている光線は紫外線よりも弱く、紫外線が与える悪影響に比べると光脱毛の光線の影響は軽微で、ほとんどないと思っていいと思います。

 

ただし、服用中の薬がある場合、とくに処方薬を飲んでる人は医師への確認がとれないので脱毛できない事がほとんどなので気を付けて下さい。

 

妊娠中の脱毛がダメな理由


光脱毛の光が子宮への影響はないって話をしましたが、では何故影響はないはずなのにどのサロンでも「妊娠中は脱毛をお断りさせていただきます」としているのでしょうか。

 

妊娠中に脱毛ができない理由は子宮に影響があるからではなく、他の所に理由があるんです。それをいかにまとめてみました。

 

1.施術中の体勢が母胎あるいは胎児にとってストレスになることがある
2.妊娠によってホルモンバランスが変わる為

では一つずつ詳しく書いていきます。

施術中の体勢が母胎あるいは胎児にとってストレスになることがある

脱毛施術中は施術箇所によって色んな体勢にならないといけなくなります。Vラインとかを施術する時は仰向け、ふくらはぎや太ももの側面とかを施術するのに横向き、背中を施術するのにうつ伏せ、さらに細かく施術する為には立てひじ、立て膝、体育座り等施術するのに一番効率がいい体勢になった経験がある人も多いと思います。

 

しかし、妊娠中はお腹に胎児がいるので体勢によっては母胎に負担がかかることになりますし、胎児にもストレスがかかる可能性があり、非常に危険でリスクが高いです。

 

その為、施術を断られることがほとんどなんです。

妊娠によってホルモンバランスが変わる為

妊娠中はホルモンバランスが不安定になりやすくなるので肌がとくに敏感になります。抵抗力が弱くなり、痛みや刺激に対してとくに強く感じるようになるので妊娠前とは異なる状態、症状が現れるんです。

 

光脱毛が臓器に影響はなくても肌はホルモンバランスの影響を大きく受ける事になるので、想定できない事が起こる可能性もあります。サロンではリスクや危険がある場合を考慮する為、妊娠中の方の脱毛施術を断られるんです。

 

産後いつから脱毛を再開できるの?


では産後どのタイミングから脱毛を再開できるのかというと、これはサロンによって違ってくるのですが、いかにまとめてみました。

 

・産後、月経(生理)が再開したタイミング
・産後、2回目の生理がきたら脱毛可能
・産後一定期間過ぎたら(2ヵ月後等)
・卒乳(授乳時期が終了すること)してから

等が一般的だと思います。この条件はサロンごとに決まっていて、サロンによって様々なのであらかじめ相談しておくといいと思います。

 

授乳中に脱毛ができない理由


授乳中に脱毛ができないのもホルモンバランスが関係しています。妊娠中もホルモンバランスは安定しないので受ける事ができないですが、授乳中もホルモンバランスが普段の状態に回復してない事が多く、妊娠中同様リスクがあるので脱毛を受ける事ができないんです。

 

授乳中の場合、肌が敏感になり、痛みに対して抵抗力がまだ回復してないと言われています。

エストロゲンの影響

妊娠中の女性の体内では女性ホルモンが大量に分泌されていて、その中の一つにエストロゲンというホルモンがあります。このエストロゲンは発毛に影響があるホルモンだと言われています。

 

このエストロゲンは胎盤に蓄積されていくんですが、出産を経験すると急激に減っていきます。そして、1年後にはホルモンバランスは出産前と同じ状態になるので通常通りに生理が再開します。脱毛を再開させるのはこのくらいの時期が一番だと言われています。

 

あくまでも一般的な話なので人によっては前後する事はありますし、授乳をしなくなる時期も違ってきます。授乳をしてると生理はなかなか再開されないのでサロンの目安ではホルモンバランスが元に戻り、安定する時期を授乳終了から二回目の生理がくる時期としてる所多いんです。そして、エストロゲンのバランスが整うのが授乳を終了した時期と考えられているんです。

プロラクチンの影響

授乳中はプロラクチンというホルモンの分泌が増えるのですが、このホルモンは乳腺の発達や乳汁を分泌させる働きをします。さらに、このホルモンは体毛を濃くする働きもあるので、脱毛をしても濃くなってしまう可能性があります。

 

そうなると脱毛をしても逆に濃くなってしまうことがあり、効果が正常に現れない可能性があります。その為授乳中は効果が出にくく、肌のトラブルが多くなる可能性があるので脱毛を受け付けていないというわけです。

 

妊活中は脱毛できるの?


妊娠中は上にも書いてきましたが、ホルモンバランスが変化する時期なので脱毛はできませんが、妊活中はホルモンバランスには変化がないので脱毛はできます。それから脱毛を続けた方といって受精しにくくなるとか妊娠しにくくなるといった事はありません。しかし、脱毛が母胎に与える影響はあるのかないのかが疑問が少しでもあるなら脱毛を控える方が良いと思います。

 

実際は脱毛が妊活の妨げになるようなことはないにしても、疑問がストレスになってしまっては意味がありませんよね。もし疑問があるなら妊活中の脱毛に関してクリニックの担当医さんやサロンのスタッフに相談してみて下さい。

 

子宮筋腫があっても脱毛を受けることはできるの?


子宮筋腫は比較的ありきたりな病気で、結構な数の女性が持っていますし、持っていることに気が付いてない女性もたくさんいます。妊娠検査の時に初めて知るか、知らないままで過ごしてしまって、妊娠、出産、閉経も済んだ人もいます。なので筋腫自体はそこまで心配することもないものです。

 

それくらいポピュラーなものですが、光脱毛もレーザー脱毛も、基本的には子宮筋腫があっても脱毛をする事に関しては問題ありません。しかし子宮筋腫の治療の為に使用してる薬があればそれが影響で肌トラブルになることがあるのでしっかりスタッフさんに相談してみて下さい。

 

もし処方薬であった場合は医師の確認がとれないと脱毛を受けられません。その中でも抗不安薬、抗生物質、三環系抗うつ薬、経口抗真菌薬、解熱鎮痛薬、抗ガン剤、利尿剤血糖降下薬等は紫外線に反応するといわれている為、医師からの許可が出ない事がほとんどです。

 

ただ、そういった処方薬や服用薬がない場合は問題なく脱毛できますし、VIO脱毛などの子宮に近い部分の脱毛もとくに問題ありません。上にも少し書きましたが、脱毛器の可視光線は肌から数ミリくらいまでしか届かないので問題ありません。

 

まとめ


妊娠や出産は女性の身体に大きな変化を起こすので、この時期はどの脱毛サロンでも脱毛は勧めてないので脱毛はしない方がいいと思います。妊娠、出産、授乳の時期はできるだけ身体を休め、卒乳して身体が脱毛できるようになってから女磨きを再開させても決して遅くはありません。

 

ほとんどの脱毛サロンでは出産後も授乳時期は脱毛を断られるっていうのは意外とあまり書かれてなくて、知らなかったという人も多いかもしれません。

 

いざ脱毛しようと思った時、私が一番お勧めなのは授乳が終わってから脱毛を始めるのが良いと思います。まだ妊娠していない方は、できるだけ早くから始めて妊娠する前に脱毛を終わらせておけば安心かなと思います。

 

是非参考にしてみて下さい。